沿革

日販グループの歴史

  • 1949

    9

    日本出版販売株式会社 
    創立

    戦時中、出版取次業を担っていた日本出版配給株式会社を前身として、9月10日に創立。全国的な供給体制の確立を目指した。

    日本出版販売株式会社創立
  • 1961

    1

    お茶の水商事株式会社 
    設立

    書店や出版社への備品・消耗品・店舗設備の販売等を事業とする。

    お茶の水商事株式会社設立
  • 1965

    12

    児童養護施設などへの
    図書寄贈活動
    「日販よい本いっぱい
    文庫」スタート

    「日販よい本いっぱい文庫」スタート
  • 1974

    10

    「王子流通センター」
    完成

    東京都北区に約9,000坪の社屋を建設し、巨大な流通倉庫やスピーカーソーター(高速自動仕分装置)などを設置。

    「王子流通センター」完成
  • 1976

    7

    初の海外法人 
    米国日販株式会社設立

    以降、ドイツ・イギリス・香港・台湾・中国などに進出。

  • 1977

    7

    日本アイ・ピー・エス
    株式会社 設立

    出版物の海外販売、海外在留邦人への出版物等の販売を事業とする。現・日販アイ・ピー・エス株式会社。

  • 1978

    12

    ジャパンコンピュータ
    テクノロジイ
    株式会社 
    設立

    情報システム関係の子会社を設立。現・日販テクシード株式会社。

  • 1979

    5

    「児童図書展示会」
    スタート

    夏休み時期に全国各地で児童書の展示会を開催。

    「児童図書展示会」スタート
  • 1981

    9

    新本社ビル 完成

    東京都千代田区神田駿河台に新本社ビルが完成。

    新本社ビル完成
  • 1983

    5

    中国国家図書館への
    図書寄贈開始

    出版社の協力のもと、中国国家図書館内の日本出版物文庫閲覧室へ図書を寄贈。今日まで続く文化交流事業の始まりとなる。

  • 1984

    4

    「NOCS」稼働

    日販と書店・出版社間を結ぶ総合オンラインシステム。業界初のVAN(付加価値通信網)として開発。

    「NOCS」稼働
  • 1985

    4

    「POSレジシステム」
    稼働

    OCR文字・バーコードを読み取れるハンドスキャナーを搭載した、書店専用のPOSレジシステムとして開発。

    「POSレジシステム」稼働
  • 1991

    1

    「日販CVS 流通センター」完成

    売上が急増するコンビニエンスストアへの流通拠点として、東京都北区に開設。現・CVS営業所。

    「日販CVS 流通センター」完成
  • 11

    映像版権事業に参入

    映像版権事業に参入
  • 1996

    12

    「ねりま流通センター」
    完成

    雑誌送品拠点として東京都練馬区に開設。

    「ねりま流通センター」
  • 1999

    8

    株式会社積文館書店を
    子会社化

    グループ初の子会社書店となる。

  • 10

    書店店頭での
    読み聞かせ運動
    「おはなしマラソン」
    スタート

    「おはなしマラソン」スタート
  • 2000

    6

    「web-Book センター」
    完成

    インターネット通販の利用増加に対応して埼玉県三芳町に開設。

  • 2002

    4

    出版共同流通株式会社 
    設立

    他取次および出版社とともに設立。返品物流の協業化と無伝票返品システムを実現し、単品の返品データ把握によりSCMの確立を目指す。

    出版共同流通株式会社設立
  • 2006

    4

    株式会社MPD 設立

    TSUTAYA 事業の商物流の効率化に向けて設立。

  • 6

    ポイントカードシステム
    「Honya Club」
    スタート

    「Honya Club」スタート
  • 2007

    1

    検定ソリューション事業へ参入

    「MTVロック検定」を皮切りに、さまざまな趣味・教養検定を実施。

    検定ソリューション事業へ参入
  • 2011

    8

    書籍通販サイト
    「Honya Club.com」
    開設

    ネットでの書籍・雑誌購入に加え、提携書店での受け取りや「Honya Club」 の会員向けポイントサービスも可能とした。

    書籍通販サイト開設
  • 2014

    1

    株式会社ダルトンを
    子会社化

    インテリア雑貨、生活雑貨の「企画・輸入・卸売・小売」を営む雑貨メーカーである株式会社ダルトンを子会社化。

    株式会社ダルトンを子会社化 株式会社ダルトンを子会社化
  • 2015

    5

    人と本や本屋さんとを
    つなぐWEBメディア
    「ほんのひきだし」
    オープン

    「ほんのひきだし」オープン
  • 2016

    3

    「パンのフェス」初開催

    ぴあ株式会社と共同で、日本最大級の“パンの祭典” 「パンのフェス」を初開催。

    「パンのフェス」初開催
  • 7

    株式会社ファンギルド 
    設立

    2011年に株式取得によって子会社化した株式会社クリエイターズギルドを会社分割して、デジタル出版を事業とする株式会社ファンギルドを設立。

  • 12

    「日販図書館
    選書センター」開設

    学校図書館向けの新たな選書の場として「日販図書館選書センター」を東京都千代田区に開設。

    「日販図書館選書センター」開設
  • 2017

    6

    「YOURS
    BOOK STORE」創設

    「人と本をつないでいく」をコンセプトにブックディレクション事業を行なう新ブランド「YOURS BOOK STORE」を立ち上げ。

    「YOURS BOOK STORE」創設 「YOURS BOOK STORE」創設
  • 10

    NICリテールズ株式会社 設立

    グループ書店の管理系業務を統合し効率化を図るため、2015年に設立した株式会社BSM社をNICリテールズ株式会社に商号変更。

  • 12

    「文具女子博」初開催

    株式会社エムディーエスと共催で日本最大級の文具の祭典「文具女子博」を初開催。

    「文具女子博」初開催 「文具女子博」初開催
  • 「web-Bookセンター」を
    「王子流通センター」
    へ統合

    SCM 推進の一環として、ネット注文専用の在庫センターであるweb-Bookセンターの機能を王子流通センターへ統合。

  • 2018

    2

    中三エス・ティ株式会社を子会社化

    文具事業の強化を図るため、文具卸売会社の中三エス・ティ株式会社を子会社化。

  • 6

    C5SP株式会社 設立

    株式会社キタブツ・株式会社キタブツ中部と株式会社MPDとの協業により文具雑貨の物流プラットフォーム運営を担うC5SP株式会社を設立。

  • 日本緑化企画株式会社 
    設立

    「植物を届ける」をコンセプトに、そら植物園株式会社とともに日本緑化企画株式会社を設立。

    日本緑化企画株式会社設立 日本緑化企画株式会社設立
  • 8

    「箱根本箱」オープン

    日販グループの株式会社ASHIKARI と株式会社自遊人が日販の保養所をリノベーションし、ブックホテル「箱根本箱」をオープン。

    「箱根本箱」オープン 「箱根本箱」オープン
  • CVSとの一体型書店展開

    NICリテールズ株式会社と株式会社ファミリーマートが新業態の展開に向けた包括提携契約を締結。第1号店として「ファミリーマート積文館書店三日月店」がオープン。

    CVSとの一体型書店展開
  • 9

    株式会社リブロプラス 
    設立

    日販グループで書店事業を展開する株式会社リブロ・万田商事株式会社・株式会社あゆみBooks が合併し株式会社リブロプラスを設立。

  • 12

    「文喫 六本木」オープン

    本と出会うための本屋「文喫」を六本木にオープン。

    「文喫 六本木」オープン 「文喫 六本木」オープン
  • 2019

    4

    トーハンとの間で
    物流協業を合意

    効率的な出版物流を実現するために、株式会社トーハンと日販が保有する物流拠点の統廃合を実行し、協業を行なうことで合意。

  • 出版専用便以外での
    共同配送を開始

    CVSチェーン「セイコーマート」の流通を担当する株式会社セイコーフレッシュフーズと小売店への共同配送を開始。

  • 10

    ホールディングス体制へ
    移行

    日本出版販売株式会社が日販グループホールディングス株式会社へと商号変更。

  • 日販テクシード株式会社 
    設立

    日販システム部と日販コンピュータテクノロジイ株式会社を統合し、日販テクシード株式会社を設立。

    日販テクシード株式会社設立
  • 2020

    4

    日販セグモ株式会社 
    設立

    日販のエンタメ事業(検定ソリューション事業およびイベント事業)を分割し、日販セグモ株式会社を設立。

    日販セグモ株式会社設立
  • 日販ビジネスパートナーズ株式会社 設立

    日販およびグループ会社からシェアードサービス・人材派遣などの事業を独立させ、日販ビジネスパートナーズ株式会社を設立。

    日販ビジネスパートナーズ株式会社設立
PAGE TOP